ウォーターサーバー 赤ちゃん

赤ちゃんにミネラルウォーターはOK?

Q: 「赤ちゃんのミルクを作るのにミネラルウォーターはダメだと聞いたんだけど・・・」

 

A: 赤ちゃんや小さいお子様にとって、ミネラル成分の濃い水は消化に負担がかかり、体調を崩す原因になります。ミネラル成分の濃度のことを硬度といって、硬度の低い軟水であれば問題はありません。つまり、軟水(特に硬度30〜60程度)のミネラルウォーターなら赤ちゃんのミルク作りに適しています

 

ミネラルウォーターの硬度とは

硬度とは、ミネラルウォーターに含まれるミネラル分(カルシウムやマグネシウム)の濃度をあらわす指標です。硬度が100以下のミネラル分の少ない水を軟水と呼び、硬度が100以上のものを硬水と呼びます。日本国内の水道水は硬度が約60程度(地域によって前後します)の軟水です。

 

日本の粉ミルクメーカーでは、水道水を沸騰させてミルクの調乳に使うことを前提として粉ミルクを開発しています。そのため、硬度が30〜60程度のミネラルウォーターであれば、もともと想定した味にも近く、赤ちゃんにも飲みやすいミルクを作ることができます。

 

日本人に身近なミネラルウォーターで、赤ちゃんのミルクを作るときには避けたい硬水はほとんど海外のミネラルウォーターです。

商品名 原産地 硬度

コントレックス

フランス

1,551

ヴィッテル

フランス

315

エビアン

フランス

304

当サイトで紹介しているウォーターサーバーの水は全て軟水です。

子供にそのまま飲ませるならナマモノには注意

小さい子供がそのままミネラルウォーターを飲むのであれば、水の硬度以外でもう一つ気をつけておきたいことがあります。

 

小さい子供にナマモノをなるべく与えないようにするのと同じで、できれば非加熱処理のナチュラルミネラルウォーターではなく、RO逆浸透膜による無菌処理とミネラル調整が行われたボトルドウォーターを飲ませてあげることを当サイトではお薦めします。(水の種類の説明はコチラをご覧ください)
非加熱処理のナチュラルミネラルウォーターは酸素濃度も豊富でフレッシュでとてもおいしいと感じる半面、小さい子供にとっては天然水に含まれる微細菌に対して免疫力が十分についていない可能性があります。

 

赤ちゃんのミルクを作るときには一度沸騰させた水でミルクを作るので特にどちらでも同じですが、ミネラルウォーターをそのまま小さい子供に飲ませる時にはできれば気をつけてあげたい点です。

ウォーターサーバー 銘柄 表示 推奨

フレシャスウォーター

 

フレシャス

ナチュラルミネラルウォーター(非加熱処理)

クリクラ(クリアクララ)

 

クリクラ

ボトルドウォーター
逆浸透膜(RO)ろ過

 

コスモウォーター

 

富士の滴・日田の誉・古都の天然水

ナチュラルミネラルウォーター(加熱殺菌充填)

DMM.水

 

プレミアムフジ

ナチュラルミネラルウォーター(非加熱処理)

アクアクララ

 

デザインウォーター

ボトルドウォーター
逆浸透膜(RO)ろ過

 

 

赤ちゃんミルクや小さい子供にはクリクラがオススメ

クリクラ

不純物を極限まで取り除いたピュアなお水だから
天然ミネラル水よりもクリクラをお奨めします

妊娠ママ赤ちゃん幼児に特にオススメ
■500mLあたり53円なので安い!

天然のナチュラルミネラルウォーターも良いですが、天然はその美味しさゆえ微細菌も水分に含まれています。
抵抗力のない小さい子供にはちょっと心配な人にはクリクラのクリアウォーターがオススメ。
クリクラはNASAも採用している超高性能フィルターによって一般には取り除くことのできない細菌や環境ホルモンなどの不純物を極限まで除去したピュアなお水です。
今なら無料おためしキャンペーンでタダでウォーターサーバーでクリクラが飲めます!!

クリクラ 申し込み