水ボトル 交換

ボトルの交換が重くて大変・・・

ウォーターサーバーをいざ使ってみると・・・

 

ボトルの交換って結構大変。 なんであんなに重いのだろう?

 

という声を良く聞きます。
しかも大体どこのウォーターサーバーもボトルが12リットルサイズ。

 

もともとウォーターサーバー自体がオフィスなど業務用中心かつ海外で先に普及したという経緯も有り、こんなに重いボトルが使われているようです。
家庭用として考えてみれば、留守にしているときにマンションの下まで取りに行くのには骨が折れるし、女性や高齢者にとっては大変なだけではなく、交換で上にあげる際も危険ですらあります。

 

ただ、最近はウォーターサーバーが家庭向けにも普及してきており、家庭での利用を踏まえて、もっと軽いお手軽な水パックでの交換が可能なウォーターサーバーが出てきています。
例えば、フレシャスDMM.水では、7キロの重さの使い捨てパックで利用することができます。あまり小さすぎると、交換の頻度が多くなってしまうため、このくらいがちょうどいいかもしれませんね。

 

12キロと7キロでは重さがまったく違います。
重さも軽くなりますが、ボトルではなくパックなので、コンパクトになって、子供やお年寄りでも自分で交換ができるようになっています。

ボトルの回収が面倒だ・・・

ウォーターサーバーではボトルの取り扱いについて、リサイクル方式使い捨て方式の二つがあります。

 

リサイクル方式は使ったボトルを業者が回収に来るため、利用後のボトルをリサイクルまでの間自分で保管をする必要があります。
一方で使い捨て方式は、一度使い終わるとそのまま捨てればOKということで、ボトルを保管したりする必要がありません。使い捨てだと常に衛生面でも問題ないですし、できれば使い捨て方式のボトルを選びたいところです。

オススメはフレシャス:水の交換がカンタンです

 

オススメ度: &$$$left- metakeywords &$$$right-

従来のウォーターサーバーはオフィス・業務用のものがほとんどで、ボトル交換が重くて大変でした。さらに使い終わったボトルは返却が面倒。。
フレシャスは水パックが大幅に軽くなったので、女性やお年寄りでも水の交換がとてもカンタン!さらにフレシャスの水パックは使い捨て。小さく畳んで捨てるだけ。衛生的で手間もかかりません。