離乳食 進め方

離乳食開始の時期と進め方

離乳食の開始の時期は赤ちゃんによって個人差も大きくママにとってはとても気になる点だと思います。

 

最近では昔に比べると離乳食の開始が遅くなる傾向にあり、それに伴い終了も遅い傾向となっているといわれています。

 

離乳食の開始に際しては赤ちゃんの変化をしっかりと読み取って、スタート時期を考えましょう。

 

典型的な症状としては、

 

  • よだれがよく出る。
  • 大人が食べている姿を見ると欲しがる。

 

など、赤ちゃんのこれまでにはなかった動作をサインとして見つけることもポイントです。

 

一般的には5〜6か月の月齢で離乳食をスタートするのではないでしょうか?

 

 

まず一番初めは小さじで1杯からです。

 

もちろんほぼ液体の食べ物?飲み物ですね。

 

たとえば10倍粥(通常のお粥を10倍水分で薄める)を小さじで1杯。

 

初めから全部をいきなり離乳食に切り替えるのではなく、練習からスタートするイメージで。

 

1日1回がスタートの基本ではないでしょうか。

 

まずはあせらず母乳やミルク以外のものを食べる練習だと思ってゆっくりとスタートしましょう。

 

 

また、大事なことは赤ちゃんが食べなくてもあせらないことです。

 

なかなか離乳食を食べてもらえないなら、1度ストップし落ち着いたら再スタートしてみましょう。

 

赤ちゃんにとっては生まれて初めて母乳やミルク以外のものを口にするのです。

 

びっくりして吐き出すことはむしろ当たり前だと思えばママも少しは気が楽になるものです。

 

赤ちゃんのペースに合わせてあげて、気長にはじめることが大事です。

 

もし離乳食を食べてもらえないとしても、母乳やミルクで栄養はしっかり採れるので深く悩まずのんびりと開始していきましょう。

 

 

■次へ>>離乳食初期と離乳食後期の違い

 

■戻る>>『離乳食で気を付けること』の目次

いざ!離乳食開始への進め方関連ページ

離乳食に関するママ友どうしの話題や心配ごとって?
先輩ママや同じ月齢の子供を持つママなどの話
離乳食初期と離乳食後期の違い
赤ちゃんの離乳食初期と離乳食後期の違いについてまとめ